FAQ

Q

どのような形で本体が届きますか?

A
荷物は2個口でお届けします(機械本体と初期バイオセット)。機械本体の中に取扱説明書などの付属品が入ってますので必ず取り出して下さい。コンセントを繋ぐのは一番最後です。
Q

本体の組み立てが必要ですか?

A
いいえ。初期設置作業は給水タンク補充、バイオ材の投入、電源プラグ挿入のみです。
Q

設置場所について注意する事はありますか?

A
出来る限り直接、雨が当たらない場所に、ブロック・レンガ等を置き、その上に機械を乗せてください。その際に本体右側にある空気口をふさがない様にご注意ください。
Q

初期用バイオ材は全て入れていいのですか?

A
はい。初期用バイオ材は10㍑入りです。全量投入してください。 「初期用バイオ材」を投入後にしっかりとフタを閉じ、コンセントを繋いでください。
Q

すぐに生ごみを入れてもいいですか?

A
いいえ。設置して電源を入れてから1日(24時間)は何も入れないでください。これはバイオ材の微生物を覚醒させる大事な行程です。
Q

生ごみを入れる時の注意点はありますか?

A
3つございます。「量・大きさ・質」です。「量」に関しましては1日の投入量(700g)をお守り下さい(週に一度位は1000gまで可能です)。 「大きさ」は小さくすればするほど分解が早まり生ごみが消えます(バナナの皮などはキッチン用ハサミで切って入れましょう)。 「質」は生ごみでないもの、カビが生えているもの、冷凍されたままのもの等です。 人間と同じで「食べすぎ、固い物、大きい物、長い物等噛まないで食べると消化が遅い・腐ったもの」が原因でお腹をこわす事があります(熱を出したり、ニオイを発する事があります)。
Q

バイオ材が熱を出したりニオイが出たときはどうすればいい?

A
本品は「微生物分解」によって生ごみを分解しています。熱やニオイが発生した場合バイオ材自身が「発酵分解」に変身していますので「微生物分解」に戻すことが必要です。 方法は、まず、中のバイオ材を「交換用バイオ材」と同量(約4㍑)を取り出し、その後に「交換用バイオ材1袋(4㍑)」投入してください。そして、1‐2日間程度(24‐48時間)生ごみやペットのフンの投入はしないで下さい。熱、ニオイがなくなったら少なめの(約300g)生ごみから投入を開始して下さい。 *この時に「交換用バイオ材 バイオレット」(4㍑×3袋)15,750円の購入をお勧め致します。
Q

パサパサで土ボコリが舞ってしまっているのですが?

A
水タンクを確認してください。サムは自動給水方式を採用しておりますのでセンサーが水分量を感知して給水します。
Q

本当に生ごみをいれるだけでいいのですか?

A
はい。結構です。一点だけ気をつけていただきたいのが、フイルターの目詰まりです。層内の空気の通りを極力良くすることによってバイオ材がさらに活動しやすくなるのでフイルターはまめに清掃することをお勧めします。また右後ろの集塵カバーも4ヶ月に一度は水洗いしてください。
Q

バイオ材が口に入ってしまっても大丈夫ですか?

A
大丈夫です。菌といっても多種多様の物が存在します。バイオ材は安全性を最重要課題とし、20年以上の研究を重ね、病原菌等の悪性菌などを一切排除した安全なバイオ材を皆様にお届けしています。また当社のバイオ材は財団法人日本食品分析センターの各種実験に於いてもその安全性が認められています。
Q

バイオ材は熱や寒さに弱いですか?

A
土壌中の菌であるために常温から凍結温度(-80℃でも生きている)に耐え、胞子を作るものは高温(121℃)でも死にませんが。保管の際はバイオ材の変質を防ぐため、40℃以上を避け冷暗所に保管してください。